エンタメ

ジャニーズの闇が深いのはガチ?ジャニーズ事務所崩壊の始まりか?

Pocket

ジャニーズ事務所副社長の滝沢秀明さんが10月31日に退社しました。

そして、人気絶頂のグループKing&Princeの平野紫耀さん、神宮寺勇太さん、岸優太さんが脱退し、来年には退社することを発表しました。

突然の退社報道の連続に世間も困惑を隠せません。

一体、ジャニーズ事務所に何が起こっているのでしょうか?

これはジャニーズ崩壊の始まりなのでしょうか?

ジャニーズの闇は深いと、世間では噂されていますが、これら突然の退社報道にも関係するのかについて情報などをまとめてみました。

ジャニー喜多川氏の死後、藤島ジュリー景子社長とジャニーズ事務所上層部との派閥争いについてもさまざまな憶測が広がっています。

最近では辞めジャニのひとりが、これまであまり語られることのなかった、ジャニーさんの変態性や合宿所での異常なタレント育成環境などをYouTubeで暴露しました。

これら一連の出来事はたまたま個々に起きたことでは無く、ジャニーズ事務所の底知れない闇のなかから、生まれるべくして生まれた当然の結果なのかもしれません。

ジャニーズの闇は深い!

これはジャニーズ事務所崩壊の始まりとなるのかについて検証していきます。

 

ジャニーズの闇はSMAP解散から始まった?

これまでにもジャニーズが崩壊に向かっているのでは、と思われる出来事がありました。

夢を追いかけて別の職業へ転身した人、ソロ活動へと転身した人、不祥事で脱退した人など活動休止・解散など理由はさまざまです。

どの時代であっても世間の話題を集めてきたグループのメンバーの脱退は寂しいものです。

この中でも特にジャニーズが崩壊の兆候を見せ始めたのは、何といってもSMAPの解散劇ではなかったでしょうか?

 

SMAPの解散がジャニーズ崩壊の始まりか?

2016年解散のSMAPは、草薙・香取・稲垣が退社し新しい事務所に所属しました。

木村拓哉だけジャニーズに残り、中居正広は一度は残るが2020年に退社となりました。

SMAP解散の要因と噂されたのは、当時の副社長メリー喜多川さんとSMAPの元マネージャー飯島氏との対立が事の発端となったようです。

メリーさんは娘のジュリーさんを次期社長にすると発表し、飯島さんに対して批判を浴びせたことがSMAP退社の原因のひきがねとなったのです。

メリーさんが飯島さんの手腕の高さを懸念して、このままでは娘のジュリーさんが窮地に立たされると心配したことが契機となり、SMAPが退社するまでに発展してしまったという。

して飯島三智さんの退社後、ジャニー喜多川氏が亡くなったことで、ジャニーズの派閥は大きく動き始めることとなるのです。

最近までは、ジャニーズ内にて藤島ジュリー景子社長が率いる「ジュリー派」のグループと滝沢秀明さんが率いる「タッキー派」の2つのグループがありました。

飯島派だったグループは、メリー喜多川さんの管轄となりメリー喜多川さんが亡くなった後娘のジュリーさんがメリー派のグループと一緒に「ジュリー派」として統合されました。

ジャニーズ事務所が崩壊へ向かう兆しとして、所詮、巨大な同族経営会社での派閥争いが、芸能界を騒がすほどのSMAP解散問題へ発展する要因となったのでしょう。

 

TOKIOの脱退についての経緯

TOKIOは2018年山口達也が不祥事により脱退し、2021年長瀬が脱退、城島・国分・松岡は株式会社TOKIOに移籍しました。

長瀬が24年にわたり苦楽をともにしたTOKIOと袂を分かつ決意をしたのは、ご存じの通りTOKIOの元メンバー山口達也の脱退がきっかけだったのです。

山口が脱退したことでTOKIOは音楽活動を休止せざるをえず、昨年行う予定だった25周年記念ライブツアーも中止となりました。

山口1人の脱退で、TOKIOはこれまでと大きく形が変わってしまうことへの危機感をもったために、長瀬はこのまま4人で行動することに強く反対していたという。

山口の代わりにサポートメンバーを入れ、音楽活動を再開させる計画もあったようです。

しかし、長瀬が反対した理由は、作詞・作曲もこなす長瀬が、音楽面で最も頼りにしていたのが山口だったので、山口なしでの音楽活動は考えられなかったといいます。

これにより長瀬はTOKIOと袂を分かつこととなり、ジャニーズ事務所を退所したのです。

 

嵐の活動停止についての経緯

嵐は2020年に活動を停止しています。

2017年6月中旬頃、大野は真剣な表情で「メンバーに集まってもらい一旦嵐としての活動を終えたい」と伝えたようです。

大野は「自分の思いとしては自由に活動してみたいと伝え、メンバーひとりひとりと何度も話し合いをして休止という結論に至りました」と説明しました。

自分の気持ちを伝えた当初は、事務所からの退所も考えていたという大野だが、メンバーやスタッフと話し合う中でグループの活動休止という結論に至ったと説明しています。

「解散ではないのか?」という質問に、櫻井翔は「解散ではありません」ときっぱり否定。

大野は結局何が嫌になってしまったのだろうか?

何か他にジャニーズ事務所の退所を決意させる決定的な理由があったのかもしれませんが、真相は闇の中となってしまったのです。

 

ジャニー喜多川氏亡き後ジャニーズの闇はより深まる!

ジャニー喜多川氏が社長のときジャニーズのタレントたちは、出演した番組でジャニー喜多川氏との裏エピソードなどを話す人が多かった。

それだけ所属タレントから慕われ、尊敬されるカリスマ性は非常に高かったと言えます。

今でもジャニー喜多川氏とのエピソードを楽しそうに話すタレントさんも多くいます。

しかし、藤島ジュリー景子社長とのエピソードを話しているメンバーは見当たりません。

 

絶対的カリスマであったジャニー喜多川氏の闇とは

芸能界でのジャニー喜多川氏の存在というものはとても大きなものでした。

その絶対的カリスマを失ったことは、ジャニーズ事務所にとっても大きな損失でした。

ジャニーさんが亡くなったことで、ジャニーズ事務所内はもとより、芸能界でのバランスが崩れ、業界内の情勢も大きく変わる要因となったことは間違いありません。

ジャニー喜多川氏が社長を務めていた頃のジャニーズのタレントたちは、ジャニー喜多川氏との裏エピソードなどを面白おかしく話す人が多くいました。

所属タレントから慕われ、尊敬され、そのカリスマ性は非常に高かったといえるでしょう。

ジャニーズのタレントたちには人気のあるジャニー喜多川氏でしたが、表の顔とは裏腹に、夜の生活において変態性のある欲望を持つという「闇」の部分がありました。

ジャニーさんは生涯独身を通し家族は持つことはありませんでしたが「少年しか愛せない」という偏った性癖があったことは事実として判っていました。

これまであまり語られることはありませんでしたが、最近辞めジャニの一人がYoutubeで自身の16歳のときの実体験として「ジャニーさんの闇」を暴露したのです。

この件以外にも、かつて辞めジャニが暴露本で「ジャニーさんの闇」を発表していましたが最高裁までいった裁判の中で、この「闇」は事実であることが公表されました。

そんな暗い「闇」の一面を持つジャニー喜多川氏でしたが、ジャニーさんを慕うメンバーは多く、とても人気があり事務所メンバーの面倒見もとても良かったといいます。

そんな「闇」の一面をカバーするほどの愛情溢れるジャニー喜多川氏のカリスマ性があったからこそ、あのジャニーズ帝国を築きあげられたのかもしれません。

ジャニー喜多川氏亡き後、ジャニーズ事務所には新たな「闇」に向かって進んでいるような気がしてならないのです。

 

派閥争いがジャニーズ事務所崩壊の始まり

飯島さんの退社、その後のジャニー喜多川氏の死去により、ジャニーズの派閥は大きく動き始めることとなりました。

藤島ジュリー景子社長が率いる「ジュリー派」と、滝沢秀明さんが率いる「タッキー派」の2つのグループに別れたようです。

かつて飯島派だったグループはメリー喜多川さんの管轄になっていましたが、メリーさんの死後、「ジュリー派」に統合されました。

「ジュリー派」の主なグループは以下の通り。

「TOKIO・嵐・KAT-TUN・NEWS・kis-my-ft2・関ジャニ∞・Hey! Say! JUMP」
「ジャニーズWEST・なにわ男子・sexy zone・King & Prince」

一方、滝沢秀明さん率いる「タッキー派」の主なグループは以下の通り。

「SixTONES・Snow Man・Travis Japan」

「Kinki Kids」や「V6」はどちらの派閥にも属さない中立的な立場であったとか。

滝沢秀明さん退社後「SixTONES・Snow Man」は、ジュリーさんの管轄に移りました。

それぞれのグループは、管轄の上層部の考え・方針に従い活動しているようです。

一方、上層部の方針と自身たちの考えが合わないタレントなどは、King&Princeのように自分たちの考えで「退社」という判断をしてしまう動きが出てきているのです。

絶対的カリスマジャニー喜多川氏が亡くなり滝沢秀明さんも退社した今、自分たちの考えで「退社」が可能となるような組織になれば、ジャニーズ事務所は崩壊の始まりなのです。

 

まとめ

絶対的カリスマであったジャニー喜多川氏が亡くなり、滝沢秀明さんも退社となった現在、ジャニーズファンとしては事務所の先行きがとても心配です。

ジャニーズの闇は深いと噂されてきた内容について情報を整理し、今後ジャニーズ事務所が崩壊しないよう期待するばかりです。

ポイントは以下の通り

  1. SMAPの解散がジャニーズ崩壊の始まり
  2. TOKIOの脱退についての経緯
  3. 嵐の活動停止についての経緯
  4. 絶対的カリスマジャニー喜多川氏の闇について
  5. 派閥争いがジャニーズ事務所崩壊の始まり

ここではジャニーズの闇は深いことについて、またこのまま退所が続けばジャニーズ事務所崩壊の始まりについて解説してきました。